RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:-, -, -, pookmark
右ふくらはぎ痛・長谷部は先発微妙|サンスポ
ボルフスブルクは1日にアウェーでカールスルーエと対戦する。2月27日のドイツ杯ハンブルガーSV戦の疲労を考慮して選手を入れ替える可能性があり、ハンブルガーSV戦で右ふくらはぎに違和感を訴えて途中交代したMF長谷部が先発するかは微妙。それでも本人は「疲れていますけど、右ふくらはぎは大丈夫。出してもらえれば頑張る」と出場を希望していた。
category:MEDIA 2008, comments(0), -, pookmark
マガト監督が長谷部をベタ褒め|スポニチ
ボルフスブルクのマガト監督が25日発売のキッカー誌上でMF長谷部を絶賛した。1ボランチでフル出場した23日のヘルタ戦に触れ「彼がいかに大切かを、みんな見たはず。ただ、まだ彼は自分のポジションを勝ち獲らなければならない。彼ならもっとできるはず」と語った。同誌も「疲れを知らぬ走り、良いタックル、的確なパスを見せた」と活躍ぶりを評価していた。
category:MEDIA 2008, comments(6), -, pookmark
ドイツカップ準々決勝 vs Hamburger SV の記事
守備に精一杯…ウォルフスブルク・長谷部は先発も得点に絡めず|サンスポ


ブンデスリーガ・ウォルフスブルクのMF長谷部が27日、ホームでのドイツ杯準々決勝のハンブルガーSV戦に先発出場。不慣れな左サイドで守備に奮闘した。「監督から左右できるかって聞かれて。そう聞かれたらやりますよね」と苦笑い。得点には絡めず、右ふくらはぎの痛みで1−1の延長前半5分で途中交代したが、チームは同後半の決勝ゴールでV候補の一角に2−1勝利。金星でベスト4進出を果たした。


長谷部ヴォルフスブルク準決勝進出!|報知

◆ドイツ杯準々決勝 ウォルフスブルク2−1ハンブルガーSV(27日・ヴォルフスブルク) ヴォルフスブルクのMF長谷部誠は先発出場し、延長前半5分に退いた。得点には絡めなかった。1―1で延長戦に入ったチームは、同後半4分に勝ち越して準決勝へ駒を進めた。


長谷部「疲れた」けど4強進出貢献|スポニチ
ボルフスブルクのMF長谷部が27日、ドイツ杯準々決勝のハンブルガーSV戦に左MFで先発出場。得点に絡めなかったが延長の末、2―1と競り勝ちベスト4進出を決めた。左MFは9日のデュイスブルク戦以来で、縦の動きを繰り返した。「監督にサイドに張って起点になれと言われた。疲れた」。延長前半5分に右ふくらはぎに違和感を訴えて途中交代したが、チームの勝利に貢献した。
category:MEDIA 2008, comments(0), -, pookmark
朝日新聞のインタビュー
技より強さ、鍛えねば 独ウォルフスブルク長谷部誠に聞く
今年1月にJ1浦和からドイツ1部ウォルフスブルクに移籍したMF長谷部誠(24)が、新天地で順調なスタートを切っている。アジア・クラブ王者でのレギュラーの座を捨て、日本代表候補合宿を辞退し、念願だった欧州でのプレーを優先。ここまで2試合のフル出場を含む4試合を経験した長谷部は、成長への手応えを語った。

 チームは現在9位。浦和時代には守備的MFの位置を2人で務めることが多かったが、ここでは1人だ。守備の負担が大きくなった。

 「今までやったことがないポジション。監督からはもっと攻撃で有効なパスを出してくれと言われている。守備も攻撃も要求される。今の日本代表が時にやる布陣と似ている。無駄にならない」

 現役ブラジル代表のMFジョスエら各国代表クラスとポジションを争う。出場の機会を得ているのは自信だ。

 「やりがいがある。自分がほかより優れている面もある。試合状況を考えた位置取りなど、考えてプレーすること。技術も含め自分は勝てると思っている」

 ただ、ぶつかり合いでの強さに課題を感じる。

 「このリーグの一番の特徴。フィジカルが強く、対人プレーが激しい。技術よりも重視される。練習は調整の場でない。ぐったりするくらい体を鍛える。自分も強くならないといけない。体勢の取り方も学ぶべきところ。当たり方によっては体が小さい方が勝つ」

 さらに学んだのはチームメートのプレーに対する姿勢だ。

 「自分が試合を決めてやるという気持ちが強い。練習で100本けって入るか入らないかのようなシュートがなぜか試合で入る。ダメもとでも打とうとする」

 日本代表入りについて、焦りはない。

 「東アジア選手権、W杯予選と、代表で得るものもあるが、こっちで経験もできている。球をうまくつなぐ日本サッカーの利点に、競り合いの強さをプラスしたい。攻守に自分が納得できるプレーをして(代表に)呼ばれれば、誰にも負けない。ドイツでやれれば、世界を相手にできる」
category:MEDIA 2008, comments(0), -, pookmark
長谷部 ドイツ杯準々決勝で先発へ|スポニチ
ボルフスブルクMF長谷部が、27日のドイツ杯準々決勝ハンブルガーSV戦で先発する可能性が高くなった。23日のヘルタ戦で先発し、25日のフォーメーション練習でも主力組でプレー。「常に先発の準備はしています」と意欲的で、06年W杯ドイツ大会代表のMFファンデルファールト擁するハンブルガーSV戦に向け「そういう選手とやるのも、こっちに来た楽しみのひとつ。ぜひやりたい」と話した。
category:MEDIA 2008, comments(0), -, pookmark
#21 vs Hertha BSCの記事
長谷部ワンボランチで零封に貢献|スポニチ
ボルフスブルクのMF長谷部がヘルタ戦にワンボランチで先発フル出場。序盤から抜群の読みとポジショニングで相手の好機を摘み取った。前節のシャルケ戦では失点につながるミスを犯したが、しっかり修正。浦和時代、ほとんど経験のないワンボランチにも「(鈴木)啓太君の動きを参考にしている」と日本代表で不動のボランチに成長した“元相棒”の動きを取り入れた。試合は0―0で引き分けた。


長谷部フル出場で攻守に貢献|報知

ドイツ ブンデスリーガ第21節 ヴォルフスブルク0―0ヘルタ・ベルリン(23日・ヴォルフスブルク) ヴォルフスブルクのMF長谷部誠(24)が23日、ホームでのヘルタ・ベルリン戦にフル出場。0―0で引き分けたが、攻守に貢献した。フランクフルトのMF稲本潤一(28)は7試合ぶりに先発したが、前半22分にイエローカードを受け、前半だけで退いた。チームは前節まで2位のブレーメンを1―0で下した。

 長谷部は1ボランチとして中盤で動き回った。前半は守備で貢献。パスコースを読んでカットしたり、相手の攻撃を効果的なタックルで防いだりした。「守備の分では良くできた」と自ら合格点。後半は攻撃にも参加。サイドに上がって的確なクロスも上げたが得点には結びつかなかった。

 日本ではあまり経験のない1ボランチには、実は苦労している。マガト監督からは「前半は低すぎた」と位置取りを指摘された。「もっともっと攻撃にいく回数とかを増やさないといけないとは思う。でもあそこはやはり守備も求められるので、難しい」と言う。

 これで、出場4試合は負けなし(3勝1分け)。「もっとボールに触ってもっとボールを引き出して、正確なプレーをもっとできたらいい」と、課題を口にしていた。


長谷部4試合連続出場/ブンデス|ニッカン
ボルフスブルクMF長谷部誠(24)は移籍以降4試合連続出場。ヘルタ・ベルリン戦にボランチとして先発フル出場したが、チームは0―0の引き分け。移籍後初めて勝利を逃した。
category:MEDIA 2008, comments(0), -, pookmark
長谷部ゴ〜ル!本番でもゴール!|スポニチ
長谷部ゴ〜ル!本番でもゴール!|スポニチ
ボルフスブルクのMF長谷部は21日に行われたミニゲームでゴールを決めるなど好調を維持。9日のデュイスブルク戦で先発デビューしたが、15日のシャルケ戦は途中出場、23日のヘルタ戦もベンチスタートが濃厚だ。それでも「最初から試合に出たいし、それを目指して練習でアピールしなければいけない」とキッパリ。「緊張感を持たせるという意味でやっていると思うので、常にいい準備をして臨みたい」と前向きに話した。
category:MEDIA 2008, comments(0), -, pookmark
#20 vs FC Schalke 04の記事
長谷部 途中出場も精彩欠く|共同
ドイツ1部リーグでMF長谷部誠の所属するウォルフスブルクは15日、ゲルゼンキルヘンでシャルケに2―1で逆転勝ちした。長谷部は後半途中から出場したが、失点につながるプレーがあるなど精彩を欠いた。

3試合連続出場となった長谷部は0―0の後半16分に守備的MFに入った。だが4分後、ドリブルでボールを失って逆襲を招き、これが相手の先制点につながった。その後は安定感を取り戻したが、得点には絡まなかった。

≪強豪の力量痛感≫長谷部は後半20分、自陣の真ん中辺りからドリブルで縦に進んだが足がもつれ、一度は敵をかわしたがボールを失った。そこから素早くパスをつながれ、先制点を奪われた。「もうちょっと簡単にければ良かった」と反省しきりだった。シャルケは、今季の欧州チャンピオンズリーグでドイツ勢として唯一勝ち残っている強豪。投入されてしばらくはタックルが一呼吸遅れていた長谷部は「今までの相手とは違った。小さいすきを見せるとやられる」とショックを受けた様子。逆転勝ちにも、複雑な表情だった。


長谷部勝利もミスで失点/ブンデス|ニッカン
<ブンデスリーガ:ボルフスブルク2−1シャルケ>◇15日◇ゲルゼンキルヘン
ボルフスブルクMF長谷部誠(28)が、ほろ苦い勝利を味わった。15日にシャルケとのアウエー戦に後半16分から1ボランチとして途中出場。同20分に自陣でのドリブルを奪われ、相手速攻を許して失点した。PKを含むグラフィッチの2得点で逆転勝ちしたが「(自分が)出て、1点入れられたので、どうしようかと思った。今日はほとんど何もしていない。チームが勝った。それだけ」と、加入後3連勝にも反省。シャルケは今季の欧州チャンピオンズリーグでドイツ勢唯一の16強に入った強豪でもあり「今までやった中で違うと思った」と欧州レベルも痛感していた。(西村友通信員)


ウォルフスブルク・長谷部、3戦連続の出場もゴール許し反省|サンスポ
【ハンブルク(ドイツ)15日=円賀貴子通信員】ブンデスリーガ・ウォルフスブルクMF長谷部誠(24)は15日、シャルケ戦(アウェー)に0−0の後半16分から3戦連続の出場。リーグ3位の強豪に2−1逆転勝利も、自らのミスから先制点を献上する不本意な内容に「今までの相手と全然ちがったんで。個々の能力高いし、小さな隙を見せると簡単にやられる」と反省した。

 守備的MFとしてピッチに立った長谷部だが、4分後、ドリブルで切り込もうとした矢先に、足がもつれてボールを失い、そこからつないだ相手にゴールを許した。

 ブラジル代表FWグラフィッチの2得点で試合は逆転勝ちしたものの、「出ていってやられたんでどうしようかと思いました。きょうはほとんど何もしてない」と苦笑いを浮かべていた。


長谷部“失点起点”も逆転にホッ|スポニチ
ボルフスブルクのMF長谷部誠(24)が、15日、アウェーのシャルケ戦に後半16分から途中出場。同20分に連係ミスから先制を許したが、2―1で逆転勝ちした。

 交代からわずか4分後だった。自陣からビルドアップする際に、ワンボランチに入ったMF長谷部がボールを奪われ、失点の起点となってしまった。「簡単にクリアすればよかったかなと。結果論ですけど」。これが3試合目の出場だったが、最終ラインとの連係に課題を残した。後半31分には味方と接触し、スパイクが入って左足首から出血。痛みをこらえて守備に貢献し、逆転勝ちの幸運を呼び込んだ。

 欧州CL決勝Tに進出した3位の強豪を下しての3連勝。それでも「良かったけど、もっと監督の信頼を得られるようにしたい」と反省を忘れなかった。(ゲルゼンキルヘン・木崎伸也通信員)


ヴォルフスブルク2―1勝利も長谷部、ミスミス失点|報知
◆ドイツ ブンデスリーガ第20節 シャルケ04 1−2ヴォルフスブルク(15日・ゲルゼンキルヘン) MF長谷部誠(24)が所属するヴォルフスブルクは敵地でシャルケ04と対戦、2―1で勝った。後半20分に先制されたが、FWグラフィッチ(28)が同23、39分(PK)に得点し逆転。長谷部は後半16分から出場、失点に結びつくミスを犯すなど精彩を欠いた。

 3試合連続での出場となった長谷部は0―0の後半16分に守備的MFに入った。だが4分後、右サイドで中へボールを運ぶときに味方MFコスタとの連係が合わず、ボールをやや前方へこぼすミス。そのボールを奪った相手FWアサモアにシュートされ、こぼれ球をMFサンチェスに押し込まれた。

 思い切りのなさが生んだミスから失点。味方が逆転してくれ「勝てて良かった。出てすぐやられたので、どうしようかと思った。(ミスの場面は)思い切り蹴っちゃえば良かったかな、と思う」と反省した。

 守備を意識したプレーで、得点には絡めず終わった。3位のシャルケとの対戦に「小さなスキを見せると、簡単にやられてしまうなと痛感しました」と強さを実感。「個人的には本当に何もしていない。もっと監督の信頼を得られるようにやっていきたい」と話した。
category:MEDIA 2008, comments(1), -, pookmark
長谷部 ボルフスブルク郊外に新居決定|スポニチ
ボルフスブルクMF長谷部がボルフスブルク郊外に新居が見つかったことを明かした。現在は工事中のため、入居は完成する3〜4週間後となるが「高速を使えば車で10分ぐらいで着く。凄く気に入っています」。ドイツ語も週2回、家庭教師をつけて特訓中。サッカーに集中できる環境を築きつつある。


すごいなぁ〜。
category:MEDIA 2008, comments(0), -, pookmark
#20 vs FC Schalke 04
FC Schalke 04 1-2 VfL Wolfsburg

VfL Wolfsburg: Benaglio – Costa (77. Dzeko), Simunek, Madlung, Schäfer - Josue - Gentner, Dejagah, Santana (61. Hasebe), Marcelinho (83. Riether) - Grafite.
→61分サンタナ選手と交代でイン

スタッツ成功したパス=12/パスミス=1/ファウル=1/被ファウル=1

この試合は長谷部君がヴォルフスブルクに行ってはじめて自分でもA3の時にお世話になったネットで見られる試合だったのだけど〜せめて土曜日だったらなぁ…悲しい
一度寝て、日本時間4時に起きてみる予定だったのに…。
スタメンではないのか〜と思ってるうちにまた寝てしまいました。
TVでやってくれればビデオ(ってかHDDね)録れるのにな〜。
よろしくです>フジテレビ739

記事やスポルトとかの映像だと、ボールをとられたのが失点の起点になったみたいなとこの報道のみなので、なんともいえないのですが…。
まぁ、体感していくことでいろいろ身につけて欲しいです。
もちろんミスひとつでベンチ入りもなくなってしまうかもしれないような厳しい世界でしょうが、それでおわるような選手じゃないのでね。がんばれ!
category:Wolfsburg 2007-2008, comments(0), -, pookmark